月別アーカイブ: 2017年1月

芸能事務所のオーディション

芸能プロダクションに入るためのオーディションの流れとしては、書類審査、実技の二次試験、そして面接という三段階が一般的です。まずは書類審査についてですが、提出する書類は親御さんが作成することになりますので、お子さんの未来は親にかかっていると言っても過言ではありません。当然書類審査に合格しなければ次の試験へと駒を進めることはできません。書類審査に通った後は実技試験に移ります。

実技試験の内容はプロダクションによってさまざまですが、カメラを向けられた時に子供がしっかりとポージングや演技をしてくれるか、という点を見られることになります。表情豊かに画に乗せられるかどうかが合否のカギを握ることになります。最後に面接についてですが、こちらは子供の話し方や将来性について吟味されることになります。人見知りで知らない人とは話せない子供の場合、初めての面接で怖じ気づいてしまうかもしれませんので注意が必要です。

キッズタレントに求められるのは、かわいさやかっこよさといった容姿だけではありません。むしろ子供らしい個性を持っているかどうかの方が見られることになりますので、演技力などと一緒に健やかな感性を育んでいけるようにしていきましょう。

関連資料〔テアトル アカデミー〕

オーディションの種類

子供の頃からテレビに出演して、そのまま時が流れても芸能人として一線で活躍し続けるという方も多いため、お子さんを芸能人にしたいのであれば、子供の頃から子役のオーディションを受けさせるという方法は理に適っていると言えます。もしも今後芸能活動を続けたくないと本人が言うようだったら、そこで辞めれば良いわけですので、子供の頃に手を打っておいても損することはありません。

子役になるための道のりは、大きく分けて二つになります。一つ目は芸能事務所に所属し、タレント活動をして子役を獲得するという方法で、二つ目は一般募集のオーディションを直接受けて子役の座を獲得するという方法です。芸能事務所に一度所属してしまえば、事務所のネームバリューで助けてもらえる部分も大きく、事務所のコネを使って特別にオーディションの話を持ってきてくれることもありますので、一度限りではなく今後も芸能活動をしていきたいという場合には、前者は非常に効率的となります。

後者は誰でも応募することができるというメリットがある代わりに、倍率が高くなるというデメリットがあり、応募してもなかなか採用してもらえないのが難点です。どちらも長所と短所がありますので、応募する際にはそれぞれを吟味する必要があります。本気で芸能人を目指すのであれば、どちらも積極的に応募していくのが良いですが、スケジュールやお子さんの体力という問題もありますので、注意して営業活動を進めていくようにしましょう。当サイトでは子役のオーディション内容について紹介していきます。